ダイキン工業、法人向けに太陽光発電システムのリース事業を開始!

2012年10月18日
By

住宅用太陽光発電システム「スカイソーラー(Sky Solar)」を販売しているダイキン工業が、このたび新たに10KW以上の太陽光発電システムを導入する法人を対象として太陽光発電システムのリース事業を始めています。

商品名は「ダイキン太陽光発電システム スカイソーラー」で、リース期間は10年、料率は1.05%(平成24年8月1日現在)となっており、多額の初期投資を用意する必要がない上、リース料金は全額経費として処理することが可能、動産保険もついています。

また、今のサービスは「エコリース補助金」の対象となり、リース料金総額の5%(東北3県については10%)が国から補助されるとのことです。

今年の7月1日から施行されている固定価格買取制度の開始に伴い、太陽光発電へ参入したいという法人需要は急速に高まっているものの、現状、太陽光発電システムの導入に伴う初期費用の高さや損益分岐スパンの長さなどを理由に参入を足踏みをしている企業も多いのが現状です。

しかし、リースであればそれらのネックも解消されるので、太陽光発電システムを自社で導入するのは初期費用も高くリスクも高いため難しいと考えている企業は、ぜひダイキン工業の太陽光発電システムリースを活用して太陽光発電事業への参入を検討してみてはいかがでしょうか。

ダイキン工業やスカイソーラーの詳細については下記よりどうぞ。

ダイキン工業
ダイキン太陽光発電システム スカイソーラー

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

Tags: , , , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

えこそらTOPページ

太陽光発電の「えこそら」

「えこそら」は、太陽光発電システムの導入を検討中の方のために太陽光発電のメリット・デメリットや価格相場、売電・補助金の仕組み、おすすめソーラーパネルメーカーの比較、失敗しない見積り方法まで分かりやすくご紹介しています。

プライバシーポリシー

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。