シャープ、太陽電池モジュールの信頼性保証体制の認証「JISQ8901」を取得!

2012年11月7日
By

11月6日、シャープは太陽電池モジュールの長期信頼性およびその保証体制に関する新たな認証である「JISQ8901」を取得したと発表しました。

■シャープ株式会社:太陽電池モジュールの信頼性保証体制の認証「JISQ8901」を取得

「JISQ8901」は、JISC(Japanese Industrial Standards Committee:日本工業標準調査会)が定める規格です。

太陽光発電システムに対する長期の信頼性に関心が高まる中、発電事業者やユーザー保護の観点から、太陽電池の製品品質だけではなく、その設計・製造・サービス・メンテナンスまで一貫した信頼性保証体制の構築を製品責任者に要求することを目的として2012年2月に制定されました。

シャープは、「JISQ8901」の第三者認証機関である一般財団法人電気安全環境研究所およびVDE Testing and Certification Institute GmbHより、太陽電池モジュールの認証を取得したとのことです。

シャープでは、1959年に太陽電池の開発に着手して以来、灯台や人工衛星などの過酷な条件でも安定して発電する太陽電池を開発してきました。

実際に、岩手県の陸中船越弁天島灯台に設置した太陽光発電システムでは34年間、奈良県の壺阪寺では29年間に渡り発電し続けているなど、シャープ製品の長期信頼性は実証されています。

また、千葉県の銚子暴露試験所では20年以上に渡って自然環境下で暴露試験を実施しており、試験データは意図的に劣化を進めて製品寿命を検証する加速劣化試験にフィードバックすることで、実使用に近い条件で製品の品質評価を行っているとのことです。

今回の認証により、シャープ製品の長期信頼性は客観的に認証された形になりますが、シャープには日本の太陽光発電業界をリードする存在として今後もより高品質なシステムの開発・運用に期待したいですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

Tags: , , , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

えこそらTOPページ

太陽光発電の「えこそら」

「えこそら」は、太陽光発電システムの導入を検討中の方のために太陽光発電のメリット・デメリットや価格相場、売電・補助金の仕組み、おすすめソーラーパネルメーカーの比較、失敗しない見積り方法まで分かりやすくご紹介しています。

プライバシーポリシー

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。