テュフ ラインランド ジャパン、太陽電池モジュールの複合加速劣化試験サービスを開始

2012年11月1日
By

11月1日、テュフ ラインランド ジャパン株式会社は、横浜市にある太陽光発電評価センター(SEAC)で複合加速劣化試験サービスを開始したと発表しました。

■テュフ ラインランド ジャパン株式会社;
テュフ ラインランド ジャパン、太陽電池モジュールの複合加速劣化試験サービスを開始 -自然環境を模擬した、光、温度、湿度の複合ストレス試験-

太陽電池モジュールの故障や劣化は、太陽光照射や周辺温度、湿度など様々な環境ストレスが組み合わさることで発生します。

現在これらのストレスを個々に評価するために多くの試験方法が導入されていますが、実際の自然環境を模擬した、光、温度、湿度などのストレスの組み合わせによる複合加速劣化試験は、太陽電池に関するIEC 規格では現在のところ規定されておらず、日本国内でも行われていませんでした。

このような太陽電池モジュールに対する複合加速劣化試験サービスを提供するのは、日本では同社が初めてとなります。

この試験により、太陽電池モジュールの充填材の劣化(剥離、黄変)などの評価が見込まれるだけでなく、アモルファスシリコン太陽電池の光劣化現象に対する加速劣化試験としても有効だとのことです。

この新しいサービスのために使われるチャンバーの特長は、太陽光紫外部の3倍までの光ストレス印加と、様々なサイクル試験(温度ストレス:-30~90°C、湿度ストレス:最大85%Rh)が可能な点で、顧客からの要望に応じて、任意の条件設定を行うことができるとのことです。

太陽電池モジュールの精緻なストレステストは、今後の日本の太陽電池モジュールの製造技術を向上させていく上で非常に重要な役割を果たすと考えられます。

今回の試験サービスの開始をきっかけとして日本メーカーが更なる技術開発に磨きをかけていくことを期待したいですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

Tags: , , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

えこそらTOPページ

太陽光発電の「えこそら」

「えこそら」は、太陽光発電システムの導入を検討中の方のために太陽光発電のメリット・デメリットや価格相場、売電・補助金の仕組み、おすすめソーラーパネルメーカーの比較、失敗しない見積り方法まで分かりやすくご紹介しています。

プライバシーポリシー

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。