三井不動産レジデンシャル、日本最大級の太陽光発電システムを備えた高層マンションを販売!

2012年10月29日
By

10月23日、三井不動産レジデンシャルは、東京ウォーターフロントエリアにて免震構造・長期優良住宅認定の超高層マンション「パークタワー東雲」の第1期販売を11月中旬から開始すると発表しました。

■三井不動産レジデンシャルホームページ:
「パークタワー東雲 (総戸数585 戸)」平成24 年11 月中旬 第1 期販売開始

同社によれば、今回販売が開始される「パークタワー東雲」では、東京都マンション環境性能表示の★★★(最高評価)を取得する基準である10kwをはるかに上回り、超高層マンションとしては国内最大級となる約76kwの高出力を誇る太陽光発電システム設備を採用しているとのことで、共用部の電気代削減だけではなく、停電時の共用設備の稼働にも利用ができるとのことです。

また、太陽光発電設備にて発電した電力を蓄えることができる約96kwhの大容量蓄電池を採用しており、停電時に非常用発電機の燃料が枯渇しても、高層用・低層用エレベーターの各1台を約1.5時間ずつ稼働させる電力として活用できるとのことです。

マンションの概要は、下記の通りとなっています。

  • 販売戸数:未定(総戸数585 戸)
  • 専有面積:55.37 ㎡~90.35 ㎡
  • 予定販売価格:2,978 万円~6,960 万円
  • 予定最多販売価格帯:4,900 万円台

太陽光発電システムが導入されているマンションは、環境への負荷軽減という観点だけではなく、防災の観点や万が一の災害時の観点からもとても安心ができますね。

今回のマンションは東京都内でも人気のウォーターフロントエリアであり、共用設備も含めてかなり充実したマンションとなっています。消費税の増税を目前にしてマンション購入に向けた動きも徐々に活発化してきていますので、興味がある方は早めの行動をおすすめします。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

Tags: , , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

えこそらTOPページ

太陽光発電の「えこそら」

「えこそら」は、太陽光発電システムの導入を検討中の方のために太陽光発電のメリット・デメリットや価格相場、売電・補助金の仕組み、おすすめソーラーパネルメーカーの比較、失敗しない見積り方法まで分かりやすくご紹介しています。

プライバシーポリシー

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。