丸紅、大分に国内最大級のメガソーラーを建設!

2012年10月22日
By

丸紅株式会社は10月18日、子会社などが保有する大分県大分市にある大分臨海工業地帯6号地に所有する土地約105ヘクタールに新たにメガソーラーを建設し、太陽光発電事業を開始すると発表しました。

■丸紅株式会社:「大分市でメガソーラー発電事業を実施する件

発電出力は81,500キロワットで、単一事業者による1ヶ所の事業規模としては国内最大級とのことです。

丸紅は100%出資する会社を新たに新設し、メガソーラーの建設は2012年11月、操業開始は2014年3月を予定しているとのことです。

当発電所の建設により得られる年間予想発電量は、一般家庭約3万世帯分の年間消費電力に相当する8,700万キロワット時とのことで、発電された電力は九州電力へと売電されます。

今回は遊休地を活用した大規模な太陽光発電所の建設となりますが、今後も広大な不動産を保有している商社やインフラ企業各社による太陽光発電事業への進出が進んでいくことが予想されます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

Tags: , , , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

えこそらTOPページ

太陽光発電の「えこそら」

「えこそら」は、太陽光発電システムの導入を検討中の方のために太陽光発電のメリット・デメリットや価格相場、売電・補助金の仕組み、おすすめソーラーパネルメーカーの比較、失敗しない見積り方法まで分かりやすくご紹介しています。

プライバシーポリシー

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。