シャープ、切妻屋根対応 単結晶太陽電池モジュール「NU-200AB」を発売!切妻屋根での設置容量を約20%アップ!

2012年10月22日
By

シャープは、10月22日、200Wの高出力と15.1%のモジュール変換効率を実現した切妻屋根対応の単結晶太陽電池モジュール<NU-200AB>を発売すると発表しました。

■シャープ株式会社:「切妻屋根対応 単結晶太陽電池モジュールを発売

本機は、セルの四隅を拡大することで発電面積を従来機<NU-167BA>と比較して約1.4%大型化。また、また、セルの枚数も従来機<NU-167BA>の42枚から48枚へ増加させるとともに、太陽光を多く取り込むことができる低反射ガラスの採用により200Wの高出力と15.1%のモジュール変換効率を実現したとのことです。

切妻屋根での設置容量を約20%アップできるとのことです。

以下、詳細となります。

製品概要

  • 品名:単結晶太陽電池モジュール
  • 形名:NU-200AB
  • 公称最大出力:200W
  • 希望小売価格 ()内は税抜価格:99,540円(94,800円)
  • 発売日:10月23日
  • 月産台数:20,000台

製品の特徴

  1. セルの大面積化により200Wの高出力を実現
  2. 切妻屋根で約20%設置容量アップ
  3. 日本の切妻屋根と美しく調和する黒色の落ち着いたデザイン
このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

Tags: , , , , , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

えこそらTOPページ

太陽光発電の「えこそら」

「えこそら」は、太陽光発電システムの導入を検討中の方のために太陽光発電のメリット・デメリットや価格相場、売電・補助金の仕組み、おすすめソーラーパネルメーカーの比較、失敗しない見積り方法まで分かりやすくご紹介しています。

プライバシーポリシー

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。