公共施設の屋根を地元企業に貸し出して太陽光発電 岩手県紫波町の「市民参加型おひさま発電事業」

2012年10月18日
By

岩手県紫波町が推進する町を挙げての太陽光発電に対する取り組み、「市民参加型おひさま発電事業」が岩手日報に取り上げられています。

「紫波町の屋根」で太陽光発電 公共施設貸し利益に

この「市民参加型おひさま発電事業」では、地元の小学校校舎や公民館など、町が保有している公共施設の屋根を市民ファンドの運営が可能な事業者に貸し出し、太陽光発電設備を設置し、長期にわたって発電を行うという事業で、岩手県内では初の取り組みとなります。

事業者の資金調達には町民らが出資する市民ファンドが活用されるという点でもこの取り組みはユニークであり、まさに公共・企業・市民が一体となった再生可能エネルギー推進事業のモデルケースとなりそうです。

太陽光発電を設置し、売電を行うことで事業者が実際にどれだけの利益を出し、市民ファンドや公共に還元できるのか、その点も注目して見守っていきたいところですね。

7月1日より固定価格の買取制度も始まっていますので、今後も全国の市町村でこうした新たな動きが生まれることを期待したいところです。

紫波町の「市民参加型おひさま発電事業」の詳細については、下記よりどうぞ。

紫波町市民参加型おひさま発電事業者募集

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

Tags: , , , , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

えこそらTOPページ

太陽光発電の「えこそら」

「えこそら」は、太陽光発電システムの導入を検討中の方のために太陽光発電のメリット・デメリットや価格相場、売電・補助金の仕組み、おすすめソーラーパネルメーカーの比較、失敗しない見積り方法まで分かりやすくご紹介しています。

プライバシーポリシー

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。